電子国土基本図(地図情報・地名情報)を使用して新しい地図を!

従来の地図を使ったパンフレット等は、1/25,000地形図、1/50,000地形図、1/200,000地勢図などを使用して作っておりましたが、

 現在は電子国土基本図を使用して地図を作る方法に変わりつつあります。


地形の比較(従来の紙地形図と最近の国土基本情報)

従来の地形作成方法

1/50,000地形図(地図画像など)を使用して作成した管内図

(縮尺1/50,000)

最新の地形作成方法

電子国土基本図を使用して作成した管内図 

(縮尺1/50,000)



同じ管内図でも地形がこれだけ変わります(H29度版とH31度版)


下記地図は同じ1/50,000の管内図になります。(オンマウスで画像が切り替わります)

カーソルを画像に置いたり離したりしてください

カーソルを乗せて変わる画像(2枚目)が電子国土基本情報を使用して作成したベース地図です

(スマートフォン・タブレットでは正常に動作しない場合があります。専用ページへ移動お願いします。)

駅につながる123号線、旧地図では気づきにくい所も新地図ならロータリーが描かれています。      

              道路も細かいところまでいろいろ増えています。