地域の伝承行事や歴史的資産の周知を目的に文化財や史跡を写真、説明文、地図などで紹介し、歴史や文化に対する興味・関心を高め、貴重な資源の掘り起こしや歴史の再発見に繋げます

文化財は私たち祖先がつくりあげてきた貴重な歴史的遺産であり、国民共有の財産です。これを大切に保存し活用するため文化財めぐりには次のようなことを心がけましょう。

 

1.はっきりとした目的をもち、単なる好奇心で接しないこと

2.信仰の対象には、敬けんな態度を忘れないこと。(敬けん・敬虔:うやまいつつしむ気持ちの深いさま)

3.一般公開されていないものの特別参観は、あらかじめ所有者の許可をえて行うこと

4.文化財に対して汚染または破損の心配がある軽率なふるまいは、厳に慎むこと

5.とくに火災予防に注意し、文化財のある場所ではタバコやたき火など絶対に慎むこと



地域の祭礼・史跡など様々な情報を見やすくわかりやすくレイアウトし、楽しみながら歴史の流れを知ることが出来ます。

 

 

QRコードでのユニークコンテンツも作成し、さらに情報を発信します。